歩こう会(築地) 2月28日(木)

今回の歩く目的は、汽笛一声の足跡を訪ねるものです。9名参加で行いました。天気に恵まれ、のんびりと普段歩かない場所を歩き、美味しい寿司を食べ、非日常の時間を過ごし、参加者コミュニケーションが楽しめて満足との感想をいただけた会でした。

午前10時、JR新橋駅日比谷口前に集合。SL広場と呼ばれるこの場所には、C11蒸気機関車がいます。鉄道開業100年を記念して、1972年に置かれました。今は、日々の汽笛サービスがあったり、毎冬恒例のイルミネーションに包まれたりしています。

 

 

 

 

 

 

 

10時5分歩き開始。外堀通りを歩き、汽笛一声の旧新橋駅に向かいました。旧新橋駅は、蓬莱橋交差点近くに「旧新橋停車場」として駅舎とホームが再現されています。何となく、昔を感ずる雰囲気のある空間でした。

次に、汐留を右手に見ながら、浜離宮の交叉点を通って、銀座郵便局に歩きました。郵便局脇には、銀座に唯一残された踏切信号機が立っていました。貨物線の踏切に使われていたとのこと。よく残っていたものです。ここまでが、汽笛一声の足跡を見るものでした。ここまでで、約1時間経過、11時。

続いて、築地の寿司ランチに向けて、築地周辺の史跡を見て歩きました。銀座中学校、新橋演舞場、采女橋、築地本願寺を通って、明石町方面へ。ここで、浅野匠守の屋敷跡、芥川龍之介生誕の地、慶応義塾発祥の地、シーボルトの住居地などを見て勝鬨橋まで歩きました。梅の花がきれいに咲いていました。橋の上から隅田川上流を眺めつつ一休み。ポカポカ陽気に春近しを感じました。ここで、11時45分。いよいよ築地へ向かいました。

 

 

 

 

 

 

築地市場内外にある史跡、神社をお参りし、最後に場外お寿司屋へ。老舗の清寿司にてビールで乾杯、各自注文の寿司ランチを食べました。しばし休憩の後店を出て、13時30分築地4丁目交差点で散会とし、それぞれが次の予定に向かいました。

Updated: 2018年4月12日 — 10:22 AM

コメントを残す

Copyright © 2017 DATA Douyukai. All Rights Reserved. Production by NTT DATA DAICHI