詩吟サークル活動状況

詩吟についてはたくさんの流派がありますが、データ同友会詩吟サークルは、一つの流派にこだわらずに多くの流派の方が参加できる方式で活動しています。

詩吟に親しみ、漢詩、和歌、俳句、今様、現代詩等を、各流派の考え方を自由に述べ合ってお互いに勉強し、詩・歌を楽しみつつ内容を深めることを目指しています。

詩吟に興味をお持ちの方、自分で吟じることはないが、漢詩、和歌等が好きな方、詩等の背景、歴史、登場人物、その詩等とつながりのある他の作品、等々に関心がある方はお気軽にご参加いただき、一緒に楽しみませんか。

 

≪活動報告≫

1.本年度第1回漢詩を楽しむ会開催(於 平成29年3月31日 NTT品川ツ

  インズ)

  今回は愛吼流、彩友吟道会、吟道紫水会、琥流朗誦会と四つの流派のメンバーが参加しました。
それぞれの流派によって吟じ方が異なりますが、僅かな時間も活用して練習を重ねるなど頑張っている方が多くて、皆さんの発表吟は素晴らしいものです。

(1) 各流派吟詠発表
�増田さん  清明(杜牧)
�塚越さん  長安主人壁題す(張謂)
�吾妻さん  講道館梅花を賞す(徳川景山)
�棚橋さん  自詠(菅原道真)と和歌
�高橋さん  名槍日本号(松口月城)と今様
�細田さん  和春雨簾窓(頼鴨崖)と和歌
�佐藤さん  阿嵎嶺(頼山陽)
�竹之内さん 中庸(元田東野)
�ゲスト

高牟礼さん 四時(陶淵明)

 

(2) 漢詩を楽しむ時間
各流派の先生方にそれぞれが選んだ漢詩の説明していただく時間です。
皆さんが選んだ漢詩についての、時代背景、作者、関連する漢詩 等々について説明されました。

 

�棚橋さん
「東風吹かば 匂いおこせよ 梅の花 主人なしとて 春な忘れそ」 (菅原道真)
菅原道真の和歌の内容から説き起こし、若い頃にあった「わくわく感」を忘れずに、新しい環境、新しい立場で、新年度を精一杯生きていきたいと、「忘れ」その意味とそこからの考え方の基本について説明いただきました。

�高橋さん
豊臣秀吉から福島正則に贈られることとなった名槍「日本号」のいきさつ、その槍を母里太兵衛が受け取ることとなるまでのストーリを説明いただきました。
有名な民謡「黒田節」の基になっている話を、詩吟に親しむ立場からの解説です。

�竹之内さん
平泉懐古(大槻伴盤渓)の漢詩についての説明、詩の背景である藤原三代の栄華のようすと全国との人脈、源義経の関係 等々幅広く触れていただきました。
作者の大槻伴盤渓の人となりについての説明もありました。

�佐藤さん
阿嵎嶺(頼山陽) の詩の出来た背景と佐藤さんご自身が阿久根に旅行した時の印象、作者の頼山陽の生い立ち、業績 等々の説明をいただきました。
頼山陽は日本の各地に足跡があり、聞いている皆さんからも関連するお話しが諸々と出てきました。

�細田さん
漫興七首 その五(楊維禎)の詩についてと作者である楊維禎についての説明をいただきました。
また楊維禎の代表作と言われている「西湖竹枝歌」の長詩を見ながら中国の古楽譜(こがふ)という長い歌についての説明と、日本の有名な長歌(万葉集)と反歌(短歌)についての話がありました

 

皆さんそれぞれに春を意識した詩と作者の人柄についての説明に、新たに知ることを楽しむ時間でした。

 

(3) 懇親会

真面目な時間が終わった後は懇親会です。

詩吟の話、近況報告と話がはずみます。

同じ会社でも職場が異なり、仕事をしている時期には顔を合せなかった人がいます。

また、遥か昔に僅かな間のみ一緒だった人 等々が和気あいあいに語りあう中に、昔の友人の話、現在それぞれの場所での活躍の様子が出てくる等、貴重な時間を過ごしました。

2. 詩吟サークル会報「花鳥諷詠」第10号発行(2017年4月30日)

  内容は以下の通りです
①平成28年度定期総会報告
②平成28年度第3回漢詩を楽しむ会の模様
③平成29年度第1回漢詩を楽しむ会の模様
④各流派の今後の予定
⑤第2回漢詩を楽しむ会での各流派の先生の説明概要
⑥会員の皆さんからの投稿
・大相撲春場所の感動
・高齢者講習と詩吟
・小学校の卒業式
・春の詩吟大会
⑦編集後記

  データ同友会のメンバーで詩吟サークル会報「花鳥諷詠」にご興味をお持ちの方は次のメールアドレスまでご連絡ください。メールに添付して会報をお送りします。
hosodar_35-44@chime.ocn.ne.jp (細田)

3.平成29年度の活動計画

◎ 3月31日 第1回漢詩を楽しむ会    (NTT品川ツインズ)
◎ 4月30日 会報「花鳥諷詠」10号発行
◎ 5月    データ同友会「シニアネット」に詩吟サークル活動報告投稿予定
◎ 7月      第2回漢詩を楽しむ会予定 (NTT品川ツインズ)
◎9月   会報「花鳥諷詠」11号発行予定
◎11月    平成29年度詩吟サークル総会・第3回漢詩を楽しむ会予定
(NTT品川ツインズ)
◎12月    データ同友会「シニアネット」に詩吟サークル活動報告投稿予定
◎12月   会報「花鳥諷詠」12号発行予定

4.その他
詩吟サークルの活動にご興味をお持ちの方、漢詩を楽しむ会に参加・聴講をご希望の方はご連絡ください。
代表  高橋敏夫(吼法)  ja1bwa@jarl.com
副代表 細田亮三(琥星)  hosodar_35-44@chime.ocn.ne.jp
  以上 

Updated: 2017年7月5日 — 10:03 AM

コメントを残す

Copyright © 2016 DATA Douyukai. All Rights Reserved. Produce by NTT DATA DAICHI